お知らせ
News

働き方改革に伴う午後の外来診療の在り方について


 国が進める『働き方改革』の一環として、厚生労働省は「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」を作成し、各医療機関、各施設に対して積極的な対策を実施するよう求めています。
 虹が丘病院では、その取組みの一つとして、『午前中に外来診療を集約』し、午後から医師は、入院診療・検査・手術等に主として従事いたします。
上記取組みにより
2020年4月1日より、一般外来診療は、午前中のみといたします。
なお、緊急の場合等はこの限りではなく、
■ 救急車等の搬入による診療
■ 緊急処置(入院等)が必要な診療
■ 専門外来(完全予約制)の午後診療
に関しましては、今まで通りの体制で対応いたします。

今後も安全で質の高い医療提供に最善を尽くしてまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

お電話でのお問い合わせ
【休診日】日・祝及び12/30~1/3(※緊急患者は24時間診療いたします。) 疾病や治療法についてのお問い合わせは、お電話ではお答えできかねますので
ご来院の上、担当医に直接お問い合わせください。