血液浄化センター
Blood purification center


血液透析および腹膜透析の導入期から維持期までを認定指導医および透析技術認定士を中心としたチーム体制で対応しています。
透析患者さんは、長期にわたって病気と向き合わなければなりません。
そのため、患者さん一人一人に寄り添い、個々の生活背景なども尊重して治療することを心掛けています。
また、当センターでは専用送迎車を運用しており、遠方の方などご事情により通院が困難な場合は利用することが出来ます。

01血液透析
02腹膜透析
03体外循環治療
高度な透析医療はもちろん予防医学の観点からも全力支援
高齢化や糖尿病の増加に伴い、現在 透析医療を必要とする患者さんは国民の30万人を超えています。
当院では 血液透析および腹膜透析の導入期から維持期までを 認定指導医・透析認定士を中心とした充実したチーム体制で対応しています。
スタッフ教育や学会活動も活発に行い、より質の高い医療の提供を行っています。
血液透析
当院では、それぞれ患者さんに適した治療法を選択できるように、血液透析(HD)に加え、様々な大きさの尿毒症物質を除去することの出来る血液透析濾過 (HDF)、透析低血圧の予防や末梢循環障害の是正を目的に間歇補充型血液透析濾過 (I-HDF) を行っており、旅行などの臨時透析も受け入れています。また、エコー下穿刺を取り入れており、穿刺ミスによる患者さんの苦痛を無くせるように、日々研鑽に励んでいます。
腹膜透析
ご自身の腹膜を透析膜として使用し、自宅で出来る透析方法です。残腎機能の保持や社会復帰において有意義な透析方法です。通院は月に1~2回程度です。
体外循環治療
体外循環を用いた血液浄化療法にも積極的に取り組んでいます。悪玉コレステロールの除去を行うLDLコレステロール吸着療法、関節リウマチや潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法、膠原病に対応する血漿交換なども実施しています。
その他の血液浄化療法
体外循環を用いた血液浄化療法も積極的に取り組んでおり、膠原病に対する血漿交換、難治性高コレステロール血症に対するLDL吸着、また難治性腹水に対して腹水濾過濃縮再静注なども実施しています。
ベッド数30床
導入患者数14名
実患者数120名
シャントPTA42件
内シャント設置術18名
ベッド数30床
導入患者数20名
実患者数121名
シャントPTA48件
内シャント設置術23名
医師をクリックすると、医師紹介ページをご覧いただけます。


  • 冨永 雅博
    Tominaga Masahiro
お電話でのお問い合わせ
【休診日】日・祝及び12/30~1/3(※緊急患者は24時間診療いたします。) 疾病や治療法についてのお問い合わせは、お電話ではお答えできかねますので
ご来院の上、担当医に直接お問い合わせください。